2014年02月01日

わがツン4

とある下町の商店街に
母親が全員違う六人兄弟が
住む家がありました


sou11.jpg


最終巻でした(涙

最終巻の後半は 3巻で勃発しとった 二男の案件に
決着がつき
その時 初めて総一郎が兄弟たちの前でデレる
という事件あり

二男の件が片付くと
見計らったように 失踪中だった父親が突然帰ってきたり……

登場人物が多いと、騒ぎも次から次へなんでしょうが
最終巻で ようやく
父親の秘密も明かされましたネ

さて、

BL要素のないこの本が なんでBLコーナーに置かれるのか
最後まで分かりませんでしたがw

お話は大好きでした

4巻まで読んで
わたくし、向田邦子の 寺内貫太郎一家を思い出しました
(シナリオ集を持ってるの)

だから ツンも ドラマ化すればよいと思う
なんなら シナリオはわたくしが書いてもいいww

そのくらい
好きな作品でした


ワイワイガヤガヤ 楽しくて あったかかった


sou22.jpg

ありがとうございました















posted by NaNa at 23:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。