2013年05月05日

うたの☆プリンスさまっ♪ All Star 黒崎蘭丸

いつだって崖っぷちだ
だから……
独りで必死に生きてくしかねぇんだよ


r.jpg



先輩たちの中で 蘭丸とカミュは 

周りを相容れない、一匹狼な感じが似ていますが、

カミュが 『 この世に生を受けたときから、鎖でつながれているようなもの 』

に対して、

蘭丸は 『 人間不信よる強い孤独 』

とでも申しましょうか

カミュには信じるものがあるけど 蘭丸にはない

ここが 大きな違いでしょう。


さて、

黒崎家が没落したのが 蘭丸何歳のときかは分かりませんが

22歳の今も、コツコツと ひとりで負債を返しているようです

大変だなあ……


しかしその割には 大人でないというか しっかりしてないというかw

藍ちゃん(15歳)にも

「 もうすこし大人になった方がいいんじゃないの?
  結構いい年なんだしさ…… 」 

カミュ(20歳)にも

「 精神年齢が低いのだろうな 」

などと言われるありさまです。

わたくしも プレイしていて

いつも がなり立てる蘭丸が ちょっとうざかったり……(ぐえっほ ぐぇっほ)



だがしかし

性格はねじ曲がっていますが 苦労人だけあって 

「 少し構ってやったら、それでパートナー面か?
  だから女は嫌いなんだよ
  まして同情なんざ、まっぴらだ 」

……などと言いながらも 

「 お前が思っている以上に
  おれはめんどくせぇ人間だ 」

なんて言って、結局、七海や 洋食屋の世話は焼いてしまうのよね 
いい男ですww



クリスマスライブ後に 急に登場するハリヤ…? だっけ

 ※ハリヤ= もと蘭丸父の片腕 → 父を裏切り → のし上がった

このハリヤって男が 蘭丸を陥れようと あれこれしてくるもんだから

蘭丸は七海を守ろうと 突き放します

そんとき 七海に

「 おまえにおれの何が分かる?
  本当の闇を見たことが あるのか?
  人生のどん底に落ちた気持ちが わかるのか?
  信頼していた人間に裏切られたことが あるのか?

  自分も守れねぇ奴がうろついていると
  面倒なんだよ
  おまえがいると邪魔なんだよ お荷物だって言ってんだ

  何かできることがないかだって?
  お前に出来るのは
  
  俺の前から消えることだ

  お前の人生まで背負えるかよ 



などと いっきにまくしたてるんですがね 

七海が黙っていると

「 ……なんか言えよ  
  まだビビってんのか?
  驚かせて悪かったな 」

って すぐ反省します
いい男ですww



r13.jpg


蘭丸……この方は

孤独と人間不信に がんじがらめにされていただけに

すべてを投げ出せ すべてを受け止めてくれる

七海のような人間を手に入れたら


……これは

やっかいですwww

今度は そうとう執着するんじゃないでしょうか……


七海……

がんばれ  お幸せにっ!



でわ セリフは 続きに 畳みまーす






うぜぇ ついてくんな!



ヒトを信じるから裏切られる
だから俺は、最初っから人を信じちゃいねぇ
そういう生き方をしてんだ


変な理想をおれに押し付けるな
本当のおれは
冷たくて、人の気持ちなんか分からねえ
誰も信用しねぇ……信じるのは金だけだ

おれには人を幸せにする能力がない
いるだけで周りの人間を不幸にする
信じていたはずの仲間や絆が壊れていく
それはおれが
信じられねぇからなんだろうな
信じることから逃げているから……


おれのために泣くな


じゃあな……
強く生きろよ
おまえなら出来る

ホントに
ズカズカとおれの心に 踏み込んで来やがるぜ


相手を信じることで
こんなにいい音楽が生まれるんだって
おまえが教えてくれた


背負ってやるよ、何もかも
おれの人生も、おまえの人生も
いまさら、背負うものが1つ増えたところで
なんてことはねぇ
守りてぇんだ、おまえの笑顔を

馬鹿……そんなにしがみつくな
もういなくならねぇよ


もう、絶対に、お前を泣かせることはしねぇ。
だから……
改めておれのパートナーになってくれ


歌でおまえを天国へ連れてってやる
最高にイカした経験をさせてやるぜ
覚悟しておけよ



おまえに出会ってひとのぬくもりを知った。
そして、俺の人生に色がついた

おまえという光がおれを照らしてくれている。
暖かく希望をくれる。



ずっと……おまえが好きだった
言いたくても言えなかった言葉だ。
でも……今なら言える


r2.jpg

好きだ
おれのパートナーになってくれ

ずっと伝えたかった
おれにはおまえが必要だ


誰よりも幸せにする。
おまえの笑顔を守りたいんだ。

愛してるぜ


posted by NaNa at 19:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。